お風呂のお湯から黒い汚れが出てくるケース(その2)

こんにちは、城南住宅衛生の折原です。本日は大田区のマンションでお風呂の追い焚き配管洗浄をさせていただきました。ご用命いただきましてありがとうございました。

 

さて、お風呂のお悩みの中で「お風呂にお湯をはる時に黒い汚れが出てくる」というものがあります。だいたい給湯器が10年を過ぎたくらいから出てくるケースが多く、タイプとしては主に2種類あります。

 

A.一つは先日のブログでも書きましたが、「カビ」あるいは「藻」が追い焚き配管や循環アダプター(お風呂のお湯が出てくる穴の入り口部分)の内部で繁殖してしまい、それが取れて出てくるというもの。この場合はその他の雑菌繁殖も考えられますので、できればプロによる配管洗浄をされた方がいいと思います。

SONY DSC

B.もう一つは配管内に使われているゴムパッキンが劣化して、砂粒上になって出てくる場合です。これは単なるゴム片なので、それが原因で雑菌が繁殖することはありません。ただ、「気持ちが悪い」という精神衛生上の問題はありますね。この場合なのですが、我々プロが洗浄しても完全には除去できません。なぜなら正確に言えば配管内の「汚れ」ではないからです。

SONY DSC

ちなみにこの二つを見分ける方法は、手に取って指で少し擦ってみると分かります。

 

擦ってみて溶けてしまうような感触であれば藻かカビ、ちょっと固めで指に黒い跡が付くようならゴム片です。

 

発生原因ですが、、、残念ながらよく分かっていません。弊社の経験上では、Aは浴室に窓がある場合によく見受けられます。またBはオール電化(エコキュート)のご家庭が圧倒的に多いです。

 

実は今日のお宅もエコキュートでして、このゴム片が出ました。ご依頼者さまも「今までも時々出てきた」とおっしゃっていて、今後もゴム片は出てくることはお伝えしましたが、我々としては不甲斐ない気持ちでもあります。なんとかしてあげたいのですが、こればかりは恐らくエコキュートの構造上の問題らしく、出てくる機種は頻繁に出てくるようです。

 

ゴム片問題は解決できないのが悔しいですが、「風呂釜洗浄PRO」の技術は、お風呂の追い焚き配管の内側にこびりついているしつこい汚れをほぼ完ぺきに取り去ることができますので、お湯の中の雑菌はキレイにいなくなります。

 

ちなみにこれも経験上ですが、ゴム片が出てくるお風呂は追い焚き配管も汚れているケースが多いので、気になる場合はお気軽にご相談ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
城南住宅衛生
http://ko-project.net/
住所:〒140-0015 東京都品川区西大井3-7-21
TEL:0120-921-084
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

011