とりあえずこれを入れるとインドカレーになる

こんにちは、城南住宅衛生の折原です。弊社ホームページをご覧いただいてありがとうございます。

今日は趣味のひとりごと。私は学生の頃から料理しているので今でも台所に立つことが多いです。(というか最近は毎日主夫してます…..)

料理は一度も習ったことはないですが、学生時代に餃子の王将、焼肉屋さん、焼き鳥屋さんでアルバイトをやっていたので、何となく自己流でやってました。魚釣りをするので必要に迫られて3枚おろしもするようになり、我が家には出刃包丁と柳葉包丁があります。ちなみに魚をおろす練習は大きい魚でやったほうがいいです。魚の大きさに圧倒されて「わたし、できない」となりがちですが、おろすのは小さい魚のほうがよっぽど難しいです。ハゼを刺身にするのは至難の業ですが、ブリをおろすのは簡単です。中骨に多少身が残っても食べれるところがいっぱいありますからね。

魚キーママレー

私がよくやる料理で「魚キーマカレー」があります。これはタイを釣りに行って肝心のタイは釣れず、外道のサバが鬼のように釣れるときに発生する料理です。釣りというのは不思議なもので、対象魚以外の魚が釣れると、たとえそれが美味しい魚でもガッカリします。タイを狙ってサバが釣れると「チッ、サバかよ!」となります。ちなみにサバを狙ってサバが釣れると「やったぜ~!」となります。不思議ですね。

さて、その魚キーマカレー、カレーの本を見ながら適当にアレンジしているのですが、本を読む限りインド料理に共通する中心的スパイスは4種類です。これさえあれば、なんとなく「インド」になります。

インドカレーのスパイス

左からクミン、コリアンダー、ターメリック、チリペッパー。

他にもにんにくとか生姜とかコショウとかカルダモンとかシナモンなども入れたりしますが、中心はやっぱりこれですね。

あとカレーの甘さとあの独特の茶色を演出しているのは「玉ねぎ」なんですね。カレーって鬼のように玉ねぎを使います。まぁ魚カレーはさっくり炒めるだけなのでそんなに使いませんが、やっぱり甘さを出すのには必須ですね。その他の野菜はそれこそ適当に冷蔵庫にあるものをみじん切り。あとトマトは重要なところです。。

魚キーマカレー

このカレーのポイントは魚をミンチ状にしたときにターメリックをまぶして10分くらい置いておくこと。臭みが取れます。

魚キーマカレー

あと、味付けはとにかく塩加減。これが薄いと超~間抜けな味になります。最後にしっかりと塩味を調節です。

魚キーマカレー

インドカレーって意外と簡単ですので上記スパイスを手に入れてぜひやってみましょう!!

011