西東京市の一戸建てでお風呂の追い焚き配管のお掃除

こんにちは、城南住宅衛生の折原です。昨日は品川区のマンションと西東京市の一戸建てでお風呂の追い焚き配管洗浄をさせていただきました。ご用命いただきましてありがとうございました。

 

今日は西東京市のお宅のご紹介です。

 

今回のご依頼者様は茨城の同業者から「うちのお客様から『東京の母の家もやってほしい』と依頼があった」とのことで弊社にご紹介いただいた次第です。

 

お母様は最初は「別にいいよ」とおっしゃっていたようなのですが、娘さんから「絶対にやった方がいい!」と言われ、「そういえば孫もよく来てお風呂に入るし、たまにお風呂の底に白っぽいのがフワフワしていたような・・・」と思い、「やはりやっておこう」ということになったそうです。

 

ご依頼者様は40年くらいこちらに住んでいらっしゃいますが、15年前に建て替えをされているので、浴室も最近のユニットバス仕様でした。ということは給湯器も配管も15年目を迎えるということですね。

 

では洗浄していきましょう。今回の浴槽は黒色です。高級感がありますね。

SONY DSC

時間をかけてゆっくりと汚れをはがして浴槽に出していきます。通常、追い焚き配管の汚れは白っぽいのですが、今回の汚れは黒っぽいです。これは給湯器がまれにおこす不完全燃焼によるススの色か、配管内のゴムパッキンの色が溶けだしたことによることが多いです。

SONY DSC

SONY DSC

汚れのこびりつきが強そうでしたので2回洗浄して、汚れが出ないことを確認して終了です。

SONY DSC

通常、一戸建ての場合は配管が短いので、その分汚れも少ないだろうと思いがちですが、どうもそうでもないようで、あまり当てはまらないことが多いです。今回のお宅も配管は短いのですが、通常のマンション(マンションは配管が長いです)の汚れと同程度でした。

 

追い焚き配管の汚れはご家庭の環境によって本当に様々です。汚れる要素がたくさんあり、その組み合わせの結果、すごい汚れになっていたり、そうでもなかったりします。つまり「やってみないと分からない」というのが本音のところです。

 

ご依頼者様から「素人には手の出せない箇所ですし、少し気になっていた部分だったので、やっていただいてスッキリしました。」とのコメントをいただきました!

 

プロによるお風呂のおいだき配管の除菌洗浄(風呂釜洗浄)は1年に1回が目安です。お風呂の細菌撲滅を目指して明日も頑張ります!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
城南住宅衛生
http://ko-project.net/
住所:〒140-0015 東京都品川区西大井3-7-21
TEL:0120-921-084
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

011