お風呂から出てくる黒い粒々の正体は?|東京の追い焚き配管洗浄

こんにちは、城南住宅衛生の折原です。本日は大田区の築17年目のマンションでお風呂の追い焚き配管洗浄をさせていただきました。ご用命いただきましてありがとうございました。

 

今回のご依頼者様はお二人暮らしで、お湯をためる頻度は夏は時々、それ以外も週に2~3回です。ジャバなどの市販の洗浄剤は使ったことはないそうです。

 

今回の事例では、循環アダプターを分解した時点で黒い粒々が多く見受けられました。

SONY DSC

さて、これはなんでしょうか。。最初は「あれ?黒カビかな?」と思ったのですが、触ってみてゴム片だと分かりました。追い焚き配管掃除をしているとたまにある現象ですが、今回のはちょっと量が多いです。

SONY DSC

問題なのは、このゴム片というのはいわゆる「汚れ」ではなく、給湯器の部品であるゴムパッキンが経年劣化によって剥がれて出てくる現象なので、洗浄をしてもまた出てくるということです。

SONY DSC

ゴム片が出てくるのは、主にオール電化(エコキュート)で起こる現象なのですが、たまにガス給湯器でも見受けられます。

SONY DSC

ゴムが劣化している場合、追い焚き配管掃除をするとたいていはこのように汚れが黒く着色されて出てきます。お客様はこのドス黒い色にびっくりされますが、カビではないのでその点はご安心を。

SONY DSC

「風呂釜洗浄PRO」の技術で配管内の汚れは取り去りましたが、こういった場合は黒い粒々が今後もたまにポロっと出てくる可能性があります。その点は何卒ご了承いただければと思います。

 

プロによるお風呂のおいだき配管の除菌洗浄(風呂釜洗浄)は1年に1回が目安です。お風呂の細菌撲滅を目指して明日も頑張ります!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
城南住宅衛生
http://ko-project.net/
住所:〒140-0015 東京都品川区西大井3-7-21
TEL:0120-921-084
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

011