ほぼ、どのご家庭も汚れています・・・|東京・お風呂の追い焚き配管洗浄

おはようございます、城南住宅衛生の折原です。昨日は午前中は大田区の築5年目のマンション、午後は大田区の築21年目のマンションでお風呂の追い焚き配管洗浄(風呂釜洗浄)をさせていただきました。ご用命いただきましてありがとうございました。

 

さて、表題の件ですが・・・。

 

お風呂の使用頻度や家族構成、給湯器の位置などで汚れ具合は変わりますが、共通して言えるのは、築1年以上経過したお風呂の追い焚き配管、つまり給湯器とお風呂をつないでいる「パイプ」は、間違いなく汚れています。そしてそれらが必ず「お湯の中の雑菌繁殖」という事態の引き金になっています。

 

もちろん雑菌が繁殖したお湯に入っても、すぐに健康被害が出るわけではありません。私としてはむしろ多少は雑菌とともにいる方が身体が丈夫になる、とも考えています。ただそれは「健康な体」が前提でして、抵抗力の低い幼児やご年配の方には当てはまりません。今回のO157の死亡事故の件、とても胸が痛いですが、お亡くなりになったのは3歳の幼児ですよね。

 

ですから、万が一にもご家庭のお風呂に入っていて、たちの悪い「感染症」になることの無いように、我々はしっかりとこの「お風呂の配管の汚れ」について啓蒙活動をしなければいけないわけです。身が引き締まります。。

 

というわけで、今回は昨日の午後におこなった洗浄のご報告です。

 

ご依頼者様はお二人住まいで入浴剤は使われていません。お風呂が大好きで朝晩入られているとのこと。

 

ではまず循環アダプターを分解します。こちらのタイプは珍しいですね。松下の給湯器にペアリングされていたアダプターの旧タイプかな。。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

アダプター自体は汚れていませんでしたが、浴槽の受け口の奥に、湯あかがびしっとこびりついていました。(が、写真には写りませんでした。。スイマセン。)

SONY DSC

次に追い炊き配管のお掃除です。普通のお掃除のようにスポンジで擦ることができたらどんなに簡単なのだろう、と思いつつ、それが不可能な「目に見えない配管の内側」を専門の洗浄剤と特殊機器を使って剥離させていきます。

SONY DSC

量はさほどでもないですが、しっかりと排出させることができました。ご依頼者様にもお見せしましたが「それは汚れてるはずよね~」とおっしゃっていました。

SONY DSC

プロによるお風呂のおいだき配管の除菌洗浄(風呂釜洗浄)は1年に1回が目安です。お風呂の細菌撲滅を目指して明日も頑張ります!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
城南住宅衛生
http://ko-project.net/
住所:〒140-0015 東京都品川区西大井3-7-21
TEL:0120-921-084
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

011