風呂釜追い焚き配管洗浄は1年に一度が目安です

おはようございます、城南住宅衛生の折原です。昨日は大田区のマンションと横浜市のマンションでお風呂の追い焚き配管洗浄(風呂釜洗浄)をさせていただきました。ご用命いただきましてありがとうございました。

 

さて、今回は月曜日に実施した洗浄の報告です。

 

ご依頼者様は昨年洗浄させていただいたお客様で、ちょうど1年たったためご依頼をいただきました。

 

お客様からよく「どれくらいの頻度でやればいいんですか?」と聞かれますが、弊社では「年に1回が理想です」とお答えしています。年に一度が多いか少ないかは色々な受け止め方がありますが、とりあえず1年間でどれだけ汚れが溜まるかということをご覧ください。

 

まず循環アダプター(お風呂のお湯が出てくるところ)を分解します。こちらはほぼきれいな状態ですね。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

次に追い炊き配管を洗っていきます。時間をかけて洗浄剤を浸透させ、配管内にこびりついているしつこい汚れを浴槽に出していきます。

SONY DSC

これが1年間の汚れです。正直申し上げますと、汚れの「量」からすると1年間の汚れも10年間の汚れもさほど変わりません。水回りというのは汚れが付着するのがとても速いんです。これは皆さんも体感的に分かると思います。台所の排水口って2~3日ですぐヌルっとしますよね。

SONY DSC

配管の汚れは、一定量までは速いスピードで付着していって、それからスローになります。汚れが付着しているということはすなわち、そこに雑菌が繁殖していますので、一定量付着した配管にはそれなりに雑菌が発生しているわけです。

 

そんなことを鑑み、再洗浄の基準となっているのが「1年」ということですね。

SONY DSC

定期的に配管をお掃除することによって、お風呂のお湯をきれいな状態に保つことができます。毎日身体に触れる部分ですから、やはりここはしっかりやっておいた方がいいですね!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
城南住宅衛生
http://ko-project.net/
住所:〒140-0015 東京都品川区西大井3-7-21
TEL:0120-921-084
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

011