おいだき配管は家庭内で唯一、水が循環する部分です|東京の風呂釜洗浄

こんにちは。城南住宅衛生の折原です。本日は大田区の築16年目のマンションの洗浄報告です。

 

表題にもある通り、ご家庭内で唯一、水(お湯)が循環する部分がお風呂と給湯器(風呂釜)を結ぶ「おいだき配管」です。

 

お風呂のお湯ですので、当然人の身体に触れたものですから、アカや皮脂、汗などが溶け込み循環します。しかもその温度は40度前後と、雑菌が最も繁殖しやすい環境です。

 

やがて築1年以上くらいたつと、それらの老廃物や石けんのカス、入浴剤などが混ざり合って、おいだき配管の内壁に付着してきます。そして更に雑菌が繁殖してバイオフィルム・・・つまり「ぬめり」を作り、湯あかを形成します。

 

毎日入るお風呂のお湯は必ずおいだき配管を通ってきますので、あまり気持ちの良いものではありませんね。

 

そしてこれらの汚れはジャバなどの市販の風呂釜洗浄剤では取れませんので、プロによるおいだき配管洗浄をおすすめします。

 

さて、それでは見ていきましょう。まずは循環アダプター(お湯の出てくるところ)を分解洗浄します。全体的に湯あかが付着していますね。

SONY DSCSONY DSC

SONY DSCSONY DSC

SONY DSCSONY DSC

SONY DSCSONY DSC

SONY DSCSONY DSC

次においだき配管を特殊洗浄剤を使って洗浄します。時間をかけて汚れを排出させます。

 SONY DSC

今回もしっかり汚れが出てきました。

 SONY DSC

水周りは汚れるスピードが早いので、年に一回はプロによるおいだき配管洗浄をするのが理想的です。

 

では午後も頑張って行ってまいります!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
城南住宅衛生
http://ko-project.net/
住所:〒140-0015 東京都品川区西大井3-7-21
TEL:0120-921-084
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

011