おいだき配管に入る汚れとは?|東京・風呂釜洗浄

今回は品川区の築18年目のマンションで実施した洗浄例を見ながら、おいだき配管に入り込む汚れについてご説明します。

 

おいだき配管の入り口にはフィルター(写真の左上のフタです)が付いていますので、基本的には大きなゴミは入り込みません。

SONY DSC

でもフィルターの穴より小さいものは入り込みます。皮脂や汗などは液体ですので当然入り込みます。また、髪の毛などもまれに入ります。

 

おいだき配管の代表的な汚れがこの皮脂汚れです。白っぽい紙粘土のような物体ですね。

 SONY DSC

SONY DSC

そして意外と多いのが衣服の「繊維クズ」。

 

フィルターを外すと循環アダプターという部品にこんな感じで固まっていたりします。

 SONY DSC

SONY DSC

弊社の経験上、お湯はりの際にこの繊維クズが出てくる場合は、おいだき配管はかなり汚れています。

 

弊社のおいだき配管洗浄(風呂釜洗浄)は、通常なかなか取り除くことのできないこれらの汚れを、しっかりと取り除くことが出来る優秀な技術です。

 

ちなみに今回の事例では出ませんでしたが、おいだき配管の汚れには、配管部品のゴムパッキンやサビ、不完全燃焼によるススなどが出てくるケースもあります。

 

これは部品の劣化のため、洗浄後でも出てくる場合があり、完全に解決するにはパッキンの交換や給湯器の交換が必要になります。

 

ただ、皮脂汚れと違って雑菌の発生源にはなりませんので、少量でしたら問題ないと考えます。

 

それでは本日も風呂釜洗浄に行ってまいります!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
城南住宅衛生
http://ko-project.net/
住所:〒140-0015 東京都品川区西大井3-7-21
TEL:0120-921-084
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

011