マイクロバブルトルネードを作動させると黒いカスが出る(埼玉・さいたま市の配管洗浄)

今回は埼玉・さいたま市の築6年目のマンションのマイクロバブルトルネード配管&追い焚き配管の洗浄事例です。

 

マイクロバブルトルネードというのは最近TVCMをよくやっているシャワーヘッドの「ミラブル」で有名な会社のバスユニットです。

 

太ももにマジックペンで線を描いてもマイクロバブルトルネードのお風呂に入るだけで消えてしまうという、かなりインパクトのあるCMですね。

 

実は我が家も「ミラブル」を導入しておりまして、私、結構気に入っています。顔とか首回りにシャワーを当てると、ベトベトしていた肌が、あら不思議、サラサラになります。脂っぽい男性、特にアトピーの方には非常に効果的だと思います。

 

ところでマイクロバブルトルネードの構造はジェットバスのそれと同じで、ポンプの力で浴槽のお湯を吸い込み、吐き出すというもので、当然ながらそのお湯が通る「配管」があります。

 

ですので、マイクロバブルトルネードの配管も時間とともに湯あかや皮脂などの汚れが付着してしまうんです。

 

今回はマイクロバブルトルネードを作動させると黒いカスが出るとのことでご依頼をいただきました。

 

ではみていきましょう。通常、こういったケースでは追い焚き配管も汚れていますので、同時に洗浄します。

 

追い焚き配管の循環アダプターです。さほど汚れはありませんが、しっかりと手作業で洗浄します。

SONY DSCSONY DSC

SONY DSCSONY DSC

SONY DSCSONY DSC

マイクロバブルトルネードの循環アダプターです。黒い湯あかがありますね。

SONY DSCSONY DSC

SONY DSCSONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

次にマイクロバブルトルネードと追い焚きの配管を同時に除菌・洗浄します。

SONY DSC

細かい黒い湯あかがたくさん出てきました。配管内にこびりついていたやつですね。

SONY DSC

最後にテスト湯はりして汚れが出てこないことを確認して終了です。今回は3時間半ほどかかりました。

SONY DSC

マイクロバブルトルネードは非常に優れた装置だと思いますが、どうしても汚れはつきものなので、配管洗浄は定期的にやった方がいいです。

 

マイクロバブルトルネードを導入された方やジェットバスをお持ちの方で何か気になることがありましたらお気軽にご相談ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
城南住宅衛生
http://ko-project.net/
住所:〒140-0015 東京都品川区西大井3-7-21
TEL:0120-921-084
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

011